月曜日は憂鬱!仕事や職場が不満で嫌な7大原因と対処対策法

お休み明けの月曜日は憂鬱ではないですか?仕事や職場が辛い嫌だ辞めたいといった不満に対する原因と対処法を具体的に紹介するブログです

【厚生労働省推薦】中災防疲労蓄積度自己診断のやり方を説明【やってみた】

ブラック企業長時間労働が社会問題になる中、辛い激務で苦しい毎日を過ごしている人は少なくないと思います。

 

中には、そういった状況が続いたことで、感覚がマヒしてしまって、体が知らず知らずの内に取り返しのつかない状態になっているという人もいます。

 

大きな問題になっている過労死は、心臓にかかる負担によって突然死のような形で発生することもあって、日頃から体調管理をしていないと対処することができません。

 

しかし、自分の体にどれくらいの負担がかかっているのかを自分で知ることは中々できませんし、病院に行くにしても頻繁に行くというのは現実的ではありません。

 

そこで、今回は、厚生労働省が提供している「労働者の疲労蓄積度チェックリスト」の利用方法をお伝えします。

 

f:id:kysm201501:20170620002341j:plain

家にいながら自分の疲労度をチェック

 

 

厚生労働省が提供している「労働者の疲労蓄積度チェックリスト」は、過重労働による健康被害の防止を目的に作られたもので、労働者本人による自己診断用のチェックリストと家族によって労働者の状態をチェックするチェックリストの二種類が用意されています。

 

使い方はとても簡単で、いくつかの質問項目に回答していくだけです。

これによって、自分の体にどれくらいの負担がかかっているのかを調べるとともに、その状態に応じて通院や休息を促すものになっています。

 

ここからは、実際のチェックの仕方を見ていきます。

 

自分の疲労度を調べる

 

 

まずは、厚生労働省の「労働者の疲労蓄積度チェックリスト」というページを開きます。

 

 

厚生労働省:労働者の疲労蓄積度チェックリストについて

 

 

 

このページからチェックを行いますが、チェックリストだけを見ることもできます。

印刷して利用することもできますが、その場合、結果の判定を自分で行う必要が生じますので、ここでは、インターネット上で診断する方法を見ます。

 

画像で、紫色になっている「総合判定プログラム」というところをクリックします。

 

f:id:kysm201501:20170621184825j:plain

 

「労働者用」と「家族用」が表示されます。

自分で行うときは「労働者用」をクリック、家族に対して行う場合は「家族用」をクリックします。

 

まずは「労働者用」を見ていきます。

 

f:id:kysm201501:20170621184853j:plain

 f:id:kysm201501:20170621184913j:plain

「チェックする」をクリックします。

 

f:id:kysm201501:20170621184936j:plain

 

 二つの設問がありますので、一つ一つ当てはまる項目をクリックします。

全部の質問に回答したら、総合判定をクリックします。

 

 

f:id:kysm201501:20170621185121j:plain

 

 

f:id:kysm201501:20170621185207j:plain

そうすると、チェック結果と疲労蓄積予防のための対策が表示されます。

これによって、自分の体の状態や仕事によって発生している負担の大きさを判断して、必要とされる対応を行いましょう。

 

 

家族の疲労度を調べる

 

 

次に、「家族用」のチェックを見ていきます。

やり方自体は、「労働者用」と大きく変わりません。

 

f:id:kysm201501:20170621185258j:plain

  

「チェックする」をクリックします。

 

 

f:id:kysm201501:20170621185322j:plain

 

 

f:id:kysm201501:20170621185343j:plain

それぞれの質問に回答して、総合判定をクリックします。

 

f:id:kysm201501:20170621185400j:plain

f:id:kysm201501:20170621185419j:plain

 

 そうすると、チェック結果と疲労蓄積予防のための対策が表示されますので、これに合わせて家族の人に必要な対処を促しましょう。

 

ただし、この判定はあくまで本人による判定結果でないため、本人が自覚している状態と異なる結果であることもあるので、通院や休息を促すにしても、本人としっかり相談して対処するのが好ましいです。

 

まとめ

 

ブラック企業長時間労働が毎日のようにいたるところで取りざたされる一方で、今なお激務に追われながら、毎日のように辛い仕事をしている人は少なくないと思います。

 

それが習慣になれば、辛いと感じることは少なくなるかもしれませんが、体にはじわじわとダメージが入っていて、気がついたときには取り返しのつかない状態なるということも珍しくありません。

 

なので、今回紹介したようなセルフチェックをこまめにして、自分の状態を知っておくことはとても大切なことです。

 

 ↓↓↓↓まずはプロに相談しよう♪

 

 

↓↓↓↓まずはプロに相談しよう♪

 

ASPの就職転職ならファンコミュニケーションズ!エンジニアと営業職採用情報や業界他社徹底比較

一昔前であればASPと聞いてイメージするものは

「アプリケーション・サービス・プロバイダ」だったかもしれません。

しかし、今ASPといえば「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」が大注目されています。

 

f:id:kysm201501:20170620065444j:plain

ASPアフィリエイト・サービス・プロバイダ)とは

 インターネットを中心として成功報酬型広告を配信するサービス、プロバイダのことを指しています。

広告主と広告を掲載するサイト運営者との橋渡し役、仲介業者のことです。

 

アフィリエイトってよく聞くけどASP業界って景気がいいの?

 

スマートフォンやpcでインターネットを利用しているとよく広告を見かけませんか?

このアフィリエイトプログラムで数多くの個人が生計をたてています。

その中でも上位の人達はその辺の会社社長をはるかに凌ぐ報酬を受け取っています。

広告を掲載する個人がそれだけ儲かっているのであれば、

仲介業者が潤っていないわけがありません。

株式会社矢野経済研究所の「アフィリエイト市場に関する調査を実施(2016年)」によると2015年度の国内のアフィリエイト市場規模は前年度比116.4%の1,740億円となっており、2016年度は前年度比115.3%の2,006億円まで成長されるのではないかと予想されています。

 

 

blog.feedforce.jp

 

ASP企業は非常に好景気のようで、初任給から20万円を超える企業がざらです。

福利厚生もしっかりとしており、海外研修を行っている企業も多いみたいですね。

人材採用も旺盛であり、若い学生から経験を積んでいる中高年の方までさまざまな人間を募集しているようです。

 

ASP業界企業を比較するとファンコミュニケーションズがダントツ

 

絶賛好景気のASP業界ですが、

その中でも圧倒的に群を抜いて絶好調な企業が株式会社ファンコミュニケーションズです。

2015年度には通期売上高が357億8900万円となり、年商350億円に達しました。

創業以来17期連続増収を達成しており、現在も成長を続けています。

東証一部上場企業のうち300億円以上の売上高を記録している企業は1400社程度でしかありません。

ASP業界のライバル他社との売上高を比較したグラフを用意しました。

圧倒的に他社を引き離していることがグラフから見て取ることが出来るかと思います。

  

f:id:kysm201501:20170621184156p:plain

売上高ではわずかにアドウェイズに劣るものの、広告事業に絞った売上高ではアドウェイズが76億円に対し、ファンコミュニケーションズは98億円と大きくリードしています(2017年度第1四半期)。

 

売り上げだけじゃない!ファンコミュニケーションズの良さ♪

f:id:kysm201501:20170620002312j:plain

どれだけ名の知れた、素晴らしい業績を誇る企業であっても従業員の待遇が悪いと印象は最悪ですよね・・・。

最近では有名企業のパワハラ騒動や、自殺問題までニュースになっています。

ファンコミュニケーションズはその点大丈夫なのでしょうか…?

 

まず、採用情報を見てみると、新卒だけでなく中途採用の方対象のページも非常に整えられていることが分かります。

アルバイトや障害者の方向けの専用ページも確保されているようです。

一番気になるのはお給料の方ですが、なんと年俸制で1年目から310万円以上となっています。これは破格の給与条件でしょう。

賞与も年2回(3月、9月)、会社と個人の業績に応じて評価を行い、半期ごとに与えられるそうです。

休日休暇は、まず完全週休2日、それ以外にも夏季特別休暇、年末年始休暇、バースデー休暇、リフレッシュ休暇、配偶者出産休暇などなど年間120日以上となっています。

ファンコミュニケーションズが従業向けに提供している独自の制度やサービスは非常に工夫がなされています。中でも注目したいのは“社員提案制度“と”仕事人大賞“です。

これらは社員・アルバイトといった雇用形態や入社年次は問わず、子会社含めた全従業員が対象とされています。

仕事人大賞にノミネートされた社員には賞金が贈呈され、その中からトップに選ばれた人はトロフィーが送られ歴代の受賞者として名を刻むことになります。

大企業でありながら、風通しのよさ、全従業員に平等にチャンスが分け与えられている点は素晴らしいですね。

介護や育児に忙しい方にもファンコミュニケーションズはしっかり対応しています。各従業員の育児介護の都合にあわせて休業・時短勤務を申請できます。

ほかにも社内公募制度、勤続賞与制度、資格取得・書籍購入補助など様々なサポートが用意されています。

社員同士の交流を深めるためにサークル活動やイベントも定期的に行われ、それらにかかる費用も会社から一部支給されているという太っ腹さ。

仕事だけではなく、従業員の健康、私生活にも気にかけてくれる素晴らしい企業ですね。

 

最後になりますが、現在ファンコミュニケーションズではエンジニアと営業スタッフを募集しています。

募集ページを載せておくので、ぜひ目を通してみてください。

 

エンジニア 

営業スタッフ